よくあるご質問

任意売却って具体的にどんなことをするのですか?

ご所有物件をご自分の意思で売りたいときに売りたい人に売りたい条件で売却することです。
しかし、物件に抵当権等や差押等が設定されている場合は各債権者との協議が必要です。
当社が各債権者と価格等の調整をいたします。

いま売却すると住宅ローンの残高が残ってしまいます。それでも売却は出来ますか?

任意売却なら可能です。
任意売却は債権者との話し合いをもとに進めていきます。
債権者の合意があれば全額返済できなくても売却は出来ます。
しかし残った債務については、返済義務も残りますが解決策はあります。

どうして任意売却を勧めるのですか?

住宅ローンの債務処理において最も円満な解決方法だからです。
今ならお客様が希望する最良な条件で話を進めることが可能です。迷っている時間はありません。
まずは当社スタッフにご相談を! ▶無料相談フォーム

任意売却ってどれ位の時間が必要ですか?

通常は1〜2ヶ月間位必要です。
各債権者と価格の調整が必要ですが当社の実績最短14日で成約しております。

住んでいられる方法はないのですか?

あります。
しかし条件があります。まずはいい任売jpのスタッフにご相談ください!▶ 無料相談フォーム

売却プランの場合、物件引渡時期は?(すぐに退去させられますか?)

お客様の意思を最優先いたします。
所有不動産が競売になっていない場合は、最短で5ヶ月から8ヶ月の引渡猶予があります。
過去に引渡を2年間も延長できたケースもあります。すでに競売になっている場合は、至急ご連絡ください。▶ 無料相談フォーム

どうやって頼めば良いのですか?

4時間対応のフリーダイヤル 0120-281-589、もしくは 無料相談フォーム よりお問い合わせください。
※詳しくは任意売却の流れをご覧下さい。

任意売却のメリットはどんなことがありますか?

ご自分の意思で売却するのでスケジュールが立てやすく引越費用等が十分確保できます。
さらにプラスαを手にすることができます。
また相場での売却ができるため残債務が少なくなります。
※詳しくは任意売却のメリット・デメリットをご覧下さい。

費用はどのくらいかかりますか?

売却代金の中から債権者に負担してもらうので、お客様が別途に費用を負担することはありません。

競売の申立をされたのですが…

大丈夫です。まだお時間があります。あきらめないでください。
まずは無料相談フォームより当社専門スタッフにご相談ください。

競売とはなんですか?

債権者が裁判所に申立をし、担保不動産を強制的に売却することです。

競売のデメリットはどんなことがありますか?

通常の相場価格より安い金額で売却され残債務が多く残ります。
突然落札者より物件の引渡を強制され引越費用も十分にもらうことはできません。
落札者との話がこじれると、強制執行という強制的に荷物を運び出され、住むところ無く、もちろん引越費用などは一円ももらうことができません。
※詳しくは「任意売却のメリット・デメリット」をご覧下さい。

面倒な手続きがあるのでは…?

いいえ、面倒な手続きは一切ありません。
必要書類の取得から各債権者の連絡など、煩わしい作業はすべて当社が代行しておこなう、完全サポート体制が整っております。
不動産知識のない方でも、安心してご依頼いただけます。

弁護士に相談しているけど大丈夫ですか?

相談した弁護士によります。
仮に、弁護士に「住宅ローン返済が困難です。どうしたら良いですか?」と相談したとします。そこですぐに破産を勧める弁護士は、お客様にとって有利とは思えません。

どうして破産が有利ではないのですか?

不動産を所有されているからです。
破産をするなら、不動産を最良な方法で処理した後にするのが得策です。
先に破産をした場合、お客様の不動産は自由に売却や買戻しをすることができなくなります。
破産費用も多くかかります。

破産管財人弁護士が選任されているので大丈夫ですか?

破産管財人弁護士がご所有不動産の所有者になっていますが、売却をすることができます。
当社専門スタッフがお話をいたします。